カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 

手打そばで年越しそばに挑戦!<その1>

今年もあと2ヶ月・・・。
年末の「年越しそば」を今年は手打そばで挑戦してみませんか?
ポイントを押さえながら週末ごとに練習すれば美味しいそばが作れます


1.まずはそば粉

そば打ち技術も大切ですが、良質な材料が必要なのは他の料理と同じです
一流料理人でも新鮮な食材が無くては美味しい料理は作れませんよね?
新そばを販売している今の時期なら、風味と色あい豊かなそば粉が揃います。

そして、風味以外に大事なのが「打ちやすさ」
のばしても破れにくい、こね鉢で水と粉が混ざりやすい・・・

初心者の方こそ良質なそば粉を用意することが重要です

■一茶庵のそば粉はこちら  


2.そば打ち道具

専用のそば打ち道具があれば、さらにきれいなそばが打てます

そば打ち道具なにから揃えるか?
よくある質問ですが、まずは 麺棒・そば切り包丁・こま板の3点から始めてみてください

■麺棒   スプルス  赤松  米松  ひば  ■そば切り包丁  ■こま板

そば打ち道具選択のポイント

麺棒

基本的には3本必要ですが、少量のそば打ちなら1本でもOKです
のし棒 生地をのばすのに使います
巻き棒 大きくなった生地を巻き取るのに使います

そば切り包丁

刃の長さは30cmから33cm程度が目安。軽量であれば、手首に負担もかかりません
当店の包丁は軽量なものを取り扱っています

こま板

そばの太さを均等に仕上げるために必要です。
初心者の方はスプルス・桐など軽量なものがおすすめ


そば打ち道具とそば粉が揃ったら、次はそば打ち開始!

<つづく>

ページトップへ